ごはんジャパン(テレビ朝日)放送決定!

 

テレビ朝日 ごはんジャパンにて善兵衛農園の紅みかんと越冬紅が紹介されます!

 

放送日は

2月9日(土)18時30分〜19時

 

スイーツ好きのプロレスラー真壁刀義さんと、鎌倉の有名な和菓子屋さん「手毬」の御園井裕子さんが来園されました!

 

 

 

放送お楽しみに〜!

 

※ 越冬紅は今年のものは売り切れとなっています。農園の最新情報はフェイスブックやインスタグラム、このホームページからご確認いただけます。

 

2018のまとめ記事。越冬紅と共に歩んだ1年。

こんにちは。七代目の信太郎です。

いつもブログを読んでいただきありがとうございます。

12月28日をもって今年の善兵衛農園のみかん収穫が終了いたしました。

 

 

とりあえず家族みんなケガなくみかんづくりができ、無事1年を終えることができそうでなによりです。

 

 

ふりかえってみると2018年の1発目のSNS投稿は越冬紅リリースの投稿でした(スクショなので画質悪い…)。

 

 

越冬紅を筆頭にいろんなことが起こりました、忘れないための振り返り記事です。

飲食店さんとコラボをしたりメディアに出演することが多くなる一方、冷害や台風など自然災害で思い通りにいかない農業の厳しさを痛感した1年でした。

 

今年書いた農園ブログの記事をカテゴリー別(使っていただいた飲食店様、メディア掲載)にまとめてみたのでよろしければご覧ください。

 

⊡ 使っていただいた飲食店様(写真があった飲食店様のみ)

・オテル・ド・ヨシノ 様(和歌山)

ホワイトデーレモンケーキの記事はこち

 

・kiki harajuku 様(東京)

レモンアイスの記事はこちら

 

・WAGYU MAFIA 様(東京)

グリーンレモンチェッロの記事はこちら

 

・La Rochelle 山王店様(東京)

紅みかんのミルフィーユの記事はこちら

 

・トミヒサアイス 様(東京)

バレンシアアイスの記事はこちら

 

・神戸北野ホテル様 (兵庫)

ナイトデザートブッフェの記事はこちら

 

・FAVORITE COFFEE様 (和歌山)

バレンシアオレンジのタルトの記事はこちら

 

・ル・マンジュ・トゥー様 (東京)

パートドフリュイの記事はこちら

 

 

  • 八天堂様(with 学生団体volante)(東京)

甘夏バーガーの記事はこちら

 

昨年に増して、今年はレストランやホテルだけではなくカフェやアイスとして善兵衛の柑橘を使っていただくことが多くなりました。

 

この記事で紹介させていただいたお店だけでなく、他にもお付き合いのある飲食店はあります。写真が無かったため、写真を入手できたお店のもののみご紹介させていただきました。ご了承くださいm(__)m

善兵衛農園はこれからも飲食業界のみなさまと意見交換しながら柑橘の魅力を共有して、コラボして発信していければと思っています。

私も料理人のみなさんから生の果実にはない柑橘の一面を教えていただきいつも勉強させていただいています。今年も善兵衛の柑橘や枇杷を使っていただきありがとうございました。来年も引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

⊡  2018年 出演したメディア

 

1月 TBS「マツコの知らない世界」スタジオ出演(七代目、越冬紅)

    月刊「ソトコト」の2月号にて掲載(紀家わくわく)

3月 BSジャパン「ニッポン農業最前線!農業改革の旗手達」出演(紀家わくわく)

4月 月刊「ソトコト」の5月号に掲載(紀家わくわく)

    ラジオ局FM和歌山「和歌山ミライ研究所」出演(農園)

6月 月刊「現代農業」に農作業服について寄稿(農園)

8月 毎日新聞「輝集人」に掲載(農園、紀家わくわく)

9月 女性誌「25ans(ヴァンサンカン)10月号」掲載(七代目、ジュース)

    テレビ和歌山「6時のわかやま」に出演(農園)

12月  ラジオ局FM802「BEAT EXPO!」にゲスト出演(農園)

 

    テレビ和歌山「ここ推し」に出演(農園、紀家わくわく)

 

この1年はメディア露出の機会が昨年に比べて多かった年でした。

特に1月に放送されたマツコの知らない世界の反響は大きかったです。

越冬紅がyahoo検索ランキング全国1位になり、誰が書いたかよく分からないまとめサイトも多数立ち上がりました。ホームページのサーバーが落ちたのも鮮明に覚えています。越冬紅の今年の受付も開始2分で完売になりました。

番組放送直後のブログ記事はこちら

※  コミュニティハウス「紀家わくわく」について

信太郎は「善兵衛農園」の七代目として普段は仕事をしていますが、ライフワークとしてこの「紀家わくわく」の運営もしています。みかんづくりと同じようにその土地の地域のコミュニティも大切にしたいと思っています。こちらは地元の農家や若者と大学生を巻き込みながらゆるやかな関係づくりをしています。

農業には農地があるように地域は切っては切れない関係だと思っていて、これからもその両輪で活動を続けていこうと思っています。月刊ソトコトさんではこの仲間との取り組みが地域の関係人口増加になっているということで取材をしていただきました。

紀家わくわくでの取り組みはこちらの別ブログ(奇跡と呼ばれたこの村で)参照

 

 

 

 

しかし

 

良かったことばかりではありません。

 

9月にやってきたのが、2度にわたる台風の襲来。

 

倒木した写真です。すべて善兵衛の畑です。

六代目もこんな台風初めてという超巨大な台風でした。

美味しいみかんづくりに適した南向きの畑は100本以上みかんの木が倒れてしまいました。

また海に面した畑では潮風による塩害が発生。枇杷の畑と不知火の苗木畑の2ヶ所が全滅してしまいました。新たに植え直しても収穫できるまで5年はかかります。

 

農業は天候に左右されると言われますが、ここまでの規模とは想像できませんでした。

しかし考えていても何も始まらない!「これを機に新しい品種植える!紅みかんも増やす!」と考え方を切り替えました。西日本豪雨で被災された農家さんだってこの状況でも前向いて農業してる!

12月にみかん関係の仲間と起こした西日本豪雨で被災したみかん農家さんを応援するプロジェクトでもたくさんのみかんを愛する人の声と出会うことができました。このプロジェクトの対象は愛媛県ですが、企画した僕たちも本当に勇気をもらいました。この逆境を柑橘業界みんなで盛り上げていける。いける気がしています!前途洋々です!

善兵衛農園は台風を機に全滅した畑を新しくつくりかえます!この園地のみかんがどう育っていくか楽しみにしていてください!!

 

 

最後に今年出会ったみなさんとの写真をいくつか。

 

 

こうみると本当にいろんな出会いがあった1年でした。

 

 

最後に

 

「美味しいものを提供し続ける」

 

生産者として当然美味しいものづくりを目指して農作業をしています。

たくさんの出会いの中で年々その思いが強くなります。

畑で1人仕事をしていても誰かに見られているような感覚が常にある。それはとても良いことだと思っていて届ける人の顔が見えていている証拠だと捉えています。これからも食べていただく消費者の皆さんの期待を裏切らないようにしなければと気が引き締まります。

 

最後になりましたが、みかんをご注文してくださった皆様、いつも農園のことをきにかけ連絡下さるお世話になっている皆様、この1年も本当にありがとうございました。SNSやメールなどでコメントやアドバイス、ご感想をたくさんいただきました。すべて園主やスタッフの励みになっています。また年々ホームページを通してお届けできる方が増えておりとても嬉しい限りです。

善兵衛農園が目指す「顔の見える流通」は顔写真のような一方通行の流通じゃなく作り手も食べ手もわかる「関係性のある流通」です。

みかんの木が年月をかけて大きくなるように、善兵衛農園もみなさんからご意見いただきながら美味しいみかんを少しずつ多くの人に届けられるように努めていきます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

今日は12月31日。年の瀬ですね。

2018年も皆様のご支援あって無事を年を越すことができそうです。

来年以降もご指導ご鞭撻どうぞよろしくお願い申し上げます。

善兵衛農園

七代目 代表  井上 信太郎

WAGYU MAFIA 様 / グリーンレモン (2018.11)

堀江貴文さんと和牛ディーラー浜田寿人さんによる和牛を世界に発信するチーム「WAGYU MAFIA」さん。

会員限定の実店舗もあり、こちらで善兵衛の柑橘をチェッロにして使っていただいています。

こちらの写真はグリーンレモンの皮をつかってチェッロにしているところ。

 

夏は青みかんでミカンチェッロになりました。

和歌山の紀土という日本酒の蔵元「平和酒造」さんでのシークレットパーティにて振る舞われ、会場のみなさんで乾杯しました。

 

 

仕事終わりに一口いただくと、甘苦くて香りしっかりあって美味しい。しかしアルコール40度、冷やして少しだけショットで飲みました。

先日はデビッドベッカムさんがこのお酒ガブガブ飲んでいたとのこと。度数かなり高いのに…、凄すぎる…。さすがベッカムさんですね…。
.
現在紅みかんのチェッロも製作中とのことです、どんな色や味になるのか楽しみです。

七代目信太郎のインスタグラムより

テレビ和歌山「ここ推し」にて農園が紹介されました。

テレビ和歌山「6時のわかやま」の「ここ押し」のコーナーで善兵衛農園を取り上げていただきました。

田村みかんの話を中心に、七代目の就農にいたるまでのことや善兵衛農園と連携しているコミュニティハウス紀家わくわく(ワーキングホリデー受入拠点)のことまで。約7分ほどの放送となりました。

倉庫の中にカメラが3台、照明までセットされるという今までない状況の撮影でドキドキして噛みましたが、うまく編集していただいていました(笑)

テレビ和歌山のみなさん打ち合わせや撮影に来ていただきありがとうございました。

FM802「BEAT EXPO」にゲスト出演しました。

 

大阪のラジオ局、FM802の番組「BEAT EXPO」に七代目がゲストで出演しました。

画像に含まれている可能性があるもの:井上 信太郎さん、土井 コマキさん、、スマイル、立ってる(複数の人)

11月に大阪中央公会堂で開催された「RADIO HARVEST」で善兵衛農園がPOP UP STOREをしたご縁から今回の出演にいたりました。

DJの土井コマキさんとは終始楽しい収録になりました。今回、善兵衛農園として呼んでいただいたのですが、現在七代目は仲間と取り組んでいる「みかん農家応援プロジェクト」の話が中心に。。。

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、画面

そんなこんなで七代目が農園の宣伝を完璧に忘れてしまったところ、土井さんが最後にそっと善兵衛農園の宣伝をしてくださいました(笑)

 

このような貴重な機会をいただき、土井コマキさんはじめスタッフの皆様ありがとうございました。(放送では触れなかったですが、土井さんがこっそりみかんのハンカチをもって収録されていた)

画像に含まれている可能性があるもの:井上 信太郎さん、土井 コマキさん、座ってる(複数の人)、室内

自動代替テキストはありません。

番組の内容はこちらからご覧になれます(FM802「BEAT EXPO」ページ)

https://funky802.com/expo/article/103070?fbclid=IwAR3dicieXtGiIBdQxHcvs_0YGWCtwMIw8PdPEyHha9Wh3VOg1cwjN4d60_U

 

 

2018年度「越冬紅」の注文受付は終了いたしました。

[ 2018年度「越冬紅」の注文受付は終了いたしました。 ]

前回のNEWSに記載したように本日12月1日の0時よりホームページで予約注文の受付をスタートいたしましたところ、受付開始数分で完売となりました。

昨年は「マツコの知らない世界」で紹介していただいたこともあり、即完売でした。今年はより多くの方にお届けしたいと思い、昨年は20箱限定でしたが、今年は50箱限定にさせていただきました。

現在ありがたいことに売り切れになってからも、お電話やメール等多くのお問い合わせをいただいています。
越冬紅は栽培が難しくたくさん生産することができず数に限りがあります。ご注文を考えてくださっていた方にお届けできないこと心苦しいです、誠に申し訳ございません。

農作物は天候によって収穫量や品質がどうしても左右されます。
次年度も何箱生産できるかはその年にならなければわからないため、来年以降の予約注文をとることはしていません。ご了承ください。

越冬紅をつくりだしてから今年が2回目の販売になります。

来年も再来年も少しずつでも毎年お届けしつづけていきたいと思っています。
来年度も12月1日0時に受付を開始するつもりです。今回に限らずまたご注文いただけますと幸いです。

今後とも善兵衛農園をよろしくお願いいたします。

善兵衛農園 七代目 井上 信太郎

La Rochelle 山王店様 / 紅みかん(2018.11)

料理の鉄人でおなじみの東京のレストラン「ラ・ロシェル」さん。

山王店にて善兵衛の紅みかんを使ったデセールをだしていただいています。

 

自動代替テキストはありません。

「みかんのコンポートみかんのソース、ベルガモットのソルベ」

 

画像に含まれている可能性があるもの:食べ物

「みかんのミルフィーユにキャラメルオランジュのアイス」

どちらも美味しそう…。
素敵なデセールにしていただきありがとうございます!

#善兵衛農園 #善兵衛 #みかん #紀州柑橘農園 #柑橘
#田村 #田村みかん #有田みかん #和歌山 #農家 #農園 #みかん農家 #産地直送
#紅みかん #デセール #ラ・ロシェル山王

トミヒサアイス様 / バレンシアオレンジ

《 トミヒサアイス様 / バレンシアオレンジ 》

バレンシアアイス
バレンシアケーキ

東京都新宿にあるアイスクリーム屋さん。

オープン以来、善兵衛の柑橘を使っていただいています。

アイスをつくる有働さんは生産の現場にも関心があり、善兵衛農園にも実際に来てくださいました。

料理人の方に畑を訪れていただくと、どうやって善兵衛の柑橘がつくられているかきちんと伝えることができるの嬉しいです。

有働さん、遠いところきていただきありがとうございました!

七代目 信太郎

 

【 予約注文受付開始 】BASIC、SPECIAL年間セット、越冬紅の受付について。

全国の店頭でも温州みかんをみかけるようになってきました。

善兵衛農園も初出荷の11月下旬に向けて予約注文の受付をスタートいたします。その予約注文の第一弾として、年間セットのご案内です。一度の購入で収穫期が来るたびに年間を通してお届けするというセットです。

比較的お買い求めやすい「BASIC年間セット」と越冬紅を含むボリュームのある「SPECIAL年間セット」の2種類をつくりました。

詳細は下記の画像をクリックお願いいたします。

また紅みかんと温州みかんの予約受付は11月1日からスタート。

越冬紅の箱売りの予約受付は12月1日になります。

それまではSPECIAL年間セットでのご案内になりますのでご了承ください。

 

SPECIAL年間パック(※売り切れてしまいました。来年までお待ち頂けると幸いです)

 

BASIC年間パック