善兵衛農園の温州みかんが「機能性表示食品」に。

 

・善兵衛農園の温州みかんが機能性表示食品に!

2020年7月11日に和歌山県「紀州柑橋善兵衛農園」の温州みかんの「機続性表示食品(β-クリプトキサンチン)」の届け出が消費者庁に受理されました。「β-クリプトキサンチン」は、骨代謝の働きを助け、骨の健康維持に役立ちます。善兵
衛農園の温州みかんを1日当たり可食部270g(約3個)食べることでこの効能を得ることができるとされています。現在個人で温州みかんで機能性表示食品として届出が認められているのは全国で6事例のみです。

 

 

・β-クリプトキサンチンってなに?

「カロテノイド」という抗酸化作用をもつ天然色素の一種で、体の中ではビタミンAに変換される性質もあるとされています。また温州みかんは柑橘類の中でも特に多く含まれています。発がん予防にもなり、丈夫な骨をつくる手助けをしてくれます。

 

・温州みかんが「機能性表示食品」登録されたのは2015年。

温州みかんのような生鮮食品が登録されたことで、他の果物や野菜が本来持っている機能性もどんどん注目されつつあります。

 

温州みかんの機能性表示食品について詳しくはこちら