current

200年続く農園をつくった一代目

善兵衛農園は6代目まで代が変わるごとに屋号を変えて歩んできました。7代目からは屋号を「善兵衛」と固定し美味しいみかんを届ける為さらなる努力を続けていきます。

初代井上善兵衛が享和3年に田村の地でみかんづくりをはじめてから200年以上経つ。井上善兵衛は畑を80アールから始めました。優れた機械もない時代に山の急斜面へ石垣を積み、みかんを育てる基礎を田村の地に開拓。日本屈指のみかん作りに適した地「田村」でみかん作りを始めた善兵衛の行動と尊敬と感謝を込め、次なる200年先も続く農園として「善兵衛農園」は歩んでいきます。

current

この地の豊かさを担う存在へ

ひたむきに挑戦し続けること、目の前のお客様へ美味しいみかんを届けること、大切なことはシンプルなことだ。善兵衛農園は次世代の農家の在り方をつくっていく。

200年前に80アールから始まった農園は現在250アールまで広がっている。みかんの種類によって適した土地が少しずつ違う。風当たり、日当たり、土壌の水捌けいくつもの条件を考慮し、みかんの特性に合わせて畑の場所を選んでいる。現在は9種類のみかんとびわが出荷可能な状態です。他の柑橘や果実への挑戦も幅広く奥深いみかんの魅力を届けていきます。

この地の豊かさを担う存在へ

農業の可能性を若い世代にも伝えたい。善兵衛農園の活動が地域に根付き、田村の豊かさに繋がる。そして日本の農業を盛り上げる未来を目指して。

田村に住んでいる人たちが、もっと田村にいて誇れるように。農家としてもっと誇れるように。そんな未来を追い求めていきます。田村だけに止まらず、日本のものづくりや職を支えてきた人たちが尊敬される世界の実現を夢見て。モノが大切にされる社会をつくるためには、大切にされるような想いの通ったモノをつくらなければなりません。その思いを現実のものとするため私たちは想いを込め、ひたむきに努力し、美味しいいみかんを作り続けていきます。