思わず広めたくなる味

身近なあの人にも分けてあげたい。
そう思ってもらえるみかんを届けます。

紅みかん

「紅みかん」は温州みかんの品種の中でも珍しい「紅い」みかんです。果皮・果肉ともに紅葉のような美しい紅色をしており、普段目にするみかんとの違いに驚かれるかもしれません。ぎゅっと引き締まった果肉は甘みと酸味のバランスが絶妙で、一粒ごとに長く楽しめる濃厚な味わいをしています。紅葉とともに色づく、香り高い秋の味覚。善兵衛農園では完熟にこだわって出荷しています。
収穫期・発送 : 11月下旬から12月上旬

ご注文はこちらから

完売いたしました

温州みかん

紀州有田で昔からつくられているみかん。昔から今までずっと親しまれている柑橘です。善兵衛農園はこのみかんと共に歩んできました。急傾斜の水はけの良い畑はみかんの味をより濃厚にするといいます。この12月に収穫される温州みかんは、甘さものり酸味が少なく、コクのあるみかんです。コタツの時期にぴったりのみかんで、御歳暮にもよくつかわれています。
収穫期・発送 : 12月

ご注文はこちらから

完売いたしました

越冬紅

秋に出荷する紅みかんを木の上で越冬完熟させた最高級柑橘。紅みかんは、普通につくると酸味が強いため甘くつくるのが難しいとされていました。そのため善兵衛で秋に収穫する「紅みかん」は酸味を抑えるよう調整し、糖度とのバランスの良い状態に仕上げて出荷しています。 越冬させることは木に大きなストレスをかけることになるのでたくさんつくることはできません。そして鳥獣害や寒さから果実を守るために一つ一つ二重袋をかけて木熟させています。その食味は秋に収穫する紅みかんよりも越冬完熟させることで味が濃厚になり、袋の皮が薄くぷるぷるした食感に仕上がります。
収穫期・発送 : 1月下旬から2月上旬

ご注文はこちらから

完売いたしました

清見オレンジ

温州みかんと海外のトロピタオレンジをかけ合わせた日本で初めての品種で、清見から様々な優秀な品種が生まれており柑橘界の母とも呼ばれています。 オレンジの香りと温州みかんの味や食感を引き継いだ甘くて果汁たっぷりです。 善兵衛農園では寒さで味が悪化しないように一つ一つ袋に被せて丁寧に出荷しています。 手でむいて食べることもできますが、果肉が柔らかいためカットして食べることをおすすめします。
収穫期・発送 : 3~4月

ご注文はこちらから

完売いたしました

木成り八朔

八朔はみかんに比べて苦味が強くシャキシャキとした食感です。 善兵衛農園では、3月に収穫することで一般的な八朔よりも苦味、酸味、甘みが強く味濃くしあがります。みかんの最小構成単位である砂瓤(さじょう)が大きくギッシリ詰まって、食べごたえがあります。 白い薄皮を剥がして食べるのがおすすめです。
収穫期・発送 : 3月

ご注文はこちらから

完売いたしました

三宝柑

徳川家が愛したみかん。和歌山城主であった紀州徳川家が特に好んで食べ、門外不出として和歌山城内でしか栽培されていなかった柑橘。種が多い柑橘ですが、武家社会のその頃は子宝に恵まれると、とても重宝されました。江戸時代が終わり、栽培が解禁されてからは、まずこの湯浅の地で栽培が始まりました。ユニークな見た目と皮の厚さから、皮をシャーベットや茶椀蒸しの「器」として料亭などで使用されたりしています。使い道はいろいろ、おもしろいみかんです。スッキリした味わいですのでスポーツ後などにおススメです。
収穫期・発送 : 3月

ご注文はこちらから

完売いたしました

バレンシアオレンジ

国内でほとんど流通がされていない国産バレンシアオレンジ。 収穫期は7月で夏の柑橘です。 花が咲く5月から14ヶ月木の上で完熟させます。 他の柑橘に比べて木の上で果実を付けている期間が長いので栽培がとてもむずかしいとされています。 爽やかな香りが特徴で、酸味の少ない甘くてジューシーな柑橘です。
収穫期・発送 : 7月

びわ

善兵衛のびわは「涼風」という県内でもほとんど生産されていない品種。 善兵衛の農園で育ったびわは、海や山から反射する太陽の光をたくさん浴び、涼風びわは一般的なびわに比べて果実が大きく甘くみずみずしく熟します。 また皮が薄いのが涼風びわの特徴で、皮ごと食べることができ手を汚さず気軽に食べれます。
収穫期・発送 : 5月下旬~6月上旬

レモン

善兵衛農園では農薬散布回数を最低限に抑えているため見た目に傷のあるものもありますが、味や風味などは変わりません。 県内のレストランや飲食店にも取り扱って頂いています。
収穫期・発送 : 2~3月

ご注文はこちらから

完売いたしました